不動産売却の評判

不動産売却を成功させるための10STEP【流れを簡単解説】

不動産を売却することは、ひとりの人間が何度も経験することではありません。多くの人にとってはじめて経験することであり、わからないこともたくさんあります。

金額的にも年収の何倍にもなるものですから、わからないことはよく調べて、納得することのできる状態で売買をすることが大切です。ここでは、「不動産売却の流れ・知っておくべきこと」をご紹介します。

1.相場を知る

まずするべきことは、売却する不動産の相場を知り、今の時点でどのくらいの価格なのかというおよその見当をつけます。ひとつひとつの不動産についてはそれぞれ条件が異なりますから、くわしいことは専門家に査定してもらわなければわかりませんが、同じ地域で同じような条件になっている価格を知れば、およそのことはわかります。

土地の広さや形、向き、接する道路の状態、建物がある場合には間取りや方位、築年数、階数などといったポイントから、周辺の不動産の価格を不動産情報から調べてみると良いでしょう。オンラインの無料査定サービスもありますから、併せて利用すれば参考になります。

2.不動産会社を探す

不動産を売却するときには、不動産会社に間に入ってもらうことになります。たくさんの不動産会社から、信頼することのできる会社を探すことが大切です。そのためには、まずインターネットを活用して不動産会社を検索して、基本情報を確認することから始めます。

不動産会社には必ず宅検取引業者の免許がありますから、免許番号を広告から確認し、さらに更新回数や行政処分情報などといった公開されている情報について確認します。これらの情報は、国土交通省の出先機関である地方整備局などで閲覧することができます。

3.物件価格の査定を依頼する

不動産会社の候補が絞られてきてから、価格査定を依頼します。複数の不動産会社にあたってみて、その中から納得することのできる説明をしてくれて信頼することができると思える会社を最終的に選びます。

この段階であいまいな説明をされたり、不誠実な態度が見られたりする場合には、その会社は選ばないようにします。査定額の高低だけに目を向けず、総合的に判断する目を持つことが大切です。

4.物件の確認・調査・査定

不動産会社が決まったら、実際に物件について周辺環境や建築法規、権利関係、周辺の売出事例、制約事例などといった調査や確認をして、具体的な価格の査定を行います。ここで算出される査定額は、調査の時点から3ヶ月以内に売却することを想定しての価格となります。

5.不動産会社に仲介を依頼する(媒介契約)

納得のいく査定になれば、いよいよ不動産会社と仲介を依頼するための媒介契約を結びます。媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約という3種類があります。

それぞれ少しずつ違いがあるため、よく内容を理解した上で、どの契約が自分にとって最適であるのかを判断して決めます。ここで大切なことは、契約をすると双方がお互いに義務を負うこととなるため、契約書の内容についてすべて理解して納得する必要があります。

6.不動産を売り出す(売却活動)

契約が結ばれればいよいよ、実際に不動産を売り出す売却活動へ入ります。売却活動にあたっては後でトラブルにならないように、売却にかかる諸費用や物件に関する権利、土地の境界線、物件の瑕疵や老朽化への対処などについて確認しておきます。

そして、査定価格にもとづいて売り主の希望も踏まえ、売り出し価格を決定して売り出します。購入希望者があれば内覧にも来ますから、良い印象を与えるように掃除と整理整頓もして準備しておきます。

7.購入希望者と交渉する

購入希望者がいるときには、条件を確認して交渉を進めます。売り主と購入希望者の条件が合わない場合には必要に応じて交渉を行い、最終的に売り主が納得することができるかどうかによって、売るかどうかを決定します。条件が厳しすぎると交渉がうまく進まないということもあるため、不動産会社のアドバイスを受けながら、決断する必要もあります。

8.売買契約を結ぶ

交渉が成立したら、不動産会社が購入者に向けての重要事項説明のために、必要な情報を提供します。重要事項の内容については、売り主も確認しなければなりません。すべての契約条件に合意がなされたところで売買契約を結びます。契約は、一度締結すると容易に解除することのできるものではありませんから、自分の責任においてすべて納得して理解した上で締結することが大切です。

9.不動産を引き渡す

売買契約を締結して引き渡しが決まったら、スムーズに引き渡しがなされるように準備をします。所有権の移転や抵当権抹消の準備、土地の実測と境界線の確認といったように、現地確認でトラブルが起こらないようにチェックリストを作成してひとつずつ確認します。同時に公共料金などの清算、購入者に引き渡す書類や鍵などの準備、自身の引越しなども準備します。

まとめ

不動産売却は簡単なことではありませんが、不動産会社のアドバイスを受けながらひとつひとつ理解して納得しながら進めていくことが大切です。そして、すべては自分の責任において行う契約であることを知っておかなければなりません。


福岡市中央区のマンションをシティホームで売却した体験談【口コミ・評判あり】

今回は、2016年3月に福岡県(福岡市中央区)で築14年のマンションを

瀬戸市の戸建てを塚本不動産で売却した体験談【口コミ・評判あり】

今回は、2013年7月に愛知県(瀬戸市)で築25年の戸建て物件を売却さ

奈良市の戸建てを福屋不動産販売で売却した体験談【口コミ・評判あり】

今回は、2017年7月に奈良県(奈良市)で築6年の戸建て物件を売却され

古河市の戸建てをネクストコーポレーションで売却した体験談【口コミ・評判あり】

今回は、2018年6月に茨城県(古河市)で築20年の戸建て物件を売却さ

久留米市のマンションをハウスドゥで売却した体験談【口コミ・評判あり】

今回は、2013年7月に福岡県(久留米市)で築18年のマンションを売却

→もっと見る

PAGE TOP ↑